読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WD is my home!

おうちができるまでのあれやこれやをゆるゆるとつづるブログ。**BESSワンダーデバイスフランクフェイス**

なぜにBESS?〜④自由すぎるって逆に不自由。

えーっと、実は

BESSのワンダーデバイスに決める前は、設計士さんと家づくりをしたいなーと思っていた時期がありました。

 

というよりも昔からずっと、いつか家を建てるときは設計士さんにお願いして

自分の理想を形にしてもらいたい!と思っていました。

 

BESSの展示場でワンダーデバイスに一目惚れした後も、ある程度制約がある企画商品より自由な家づくりができる設計士さんへお願いする案も捨てきれずにいました。

(夫はワンダーデバイス以外の選択肢は無かったようですが。)

 

私、自他共に認めるこだわり強しのめんどくさいやつで

結婚するよりもずーっと前から理想のマイホームのイメージがありました。

 

なので、自由な家づくりに憧れたわけです。

 

でも、BESSのワンダーデバイスを選びました。

 

後悔は全くしていません。

 

なぜって、自由すぎるって逆に不自由だから。

 

私の頭の中にあるイメージを、そっくりそのまま再現できる設計士さんが果たしているのか。イメージを共有するのってとっても難しい。言葉で表現しても捉え方は人それぞれ。うまく伝えられるだろうか。

しかもそのイメージってふわっとしていて、いざ自由に作れるよと言われてもふわっとしたイメージをどのように形にしたらいいのか。素人では分からないこときっとたくさんあるだろうし。なにより予算も限られてる。

 

自由だよーって枠を外されると、迷ってしまうだろうなーって。

仕上がりが想像しづらいが故に、さらに迷いそう。

で、失敗なんてことになったら目も当てられない。

 

そこへ来て、ワンダーデバイスというかなり理想に近いものが現れたため

いろんな不安要素がクリアになったのです。

 

無垢のフローリング、広いリビング、大きな吹抜け、適度にラフで男っぽい質感。アトリエっぽい雰囲気。古材やアイアンの家具が似合う家。

 

これ、叶えられるやん!

 

ってなわけでワンダーデバイスを選んだのでした。